読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンジニアの立ち居振舞い:話しかけられやすい雰囲気を出す

お題「エンジニア立ち居振舞い」

エンジニアは集中しているとき話しかけられると困る、のような記事がインターネットには多い。(実際集中が途切れると困るのだが)

しかし、そういった記事を読んだ他職種の人達は逆に話しかけづらくなってしまい、 エンジニアに話しかけるタイミングが難しいと思ってしまう人も多いんじゃないかと思う。

自分はできるだけ、話しかけやすい雰囲気を意識して出すということを心がけている。 例えば、

  • 仕事中はできるだけイヤホンをしない
  • 誰かに話しかける時は常に笑顔で明るいトーンで話す
  • 朝早く出社することが多いため、オフィスの入り口近くで仕事をしながら出社して来る人全員に「おはようございます」と言う
  • どんなに小さなことでも誰かに何かをしてもらったときはお礼をする
  • 会社の飲み会などの場合、エンジニア以外の普段話さない人の席の隣に座る

など。

話しかけられやすいと誰かに思ってもらうためには、まずは自分から話しかけにいき、自分の人柄を知ってもらわなければならない。

良いプロダクトはエンジニアだけでは決して作れず、多様な職種の人の力が結集して生まれる。そこにコミュニケーションは必須であり、円滑なコミュニケーションができるように日々努力しなければいけないと思う。

逆に集中したくて話しかけられると困る時は、パーカーのフードを被って「集中してます」アピールをする。